読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kaori's-BayStoryの日記

Kaori's arvo ハーブを使ったゴマージュシャル 12000円 体質によりハーブを選び ます🌱 体質学に興味にある方は 時間に余裕を持ってお越し下さい。アフターカウンセリング致します🍃🍃 🍃

平凡なある朝の出来事

エピソード1

シドニーに来て2年が経とうとしています。

そして引越しをして2ヶ月。

引っ越した理由は、前のオーナーが自分達で住みたいから出て行ってほしいとの事。オーストラリアではオーナー強し!日本ではありえない!!

でもそんな事にはめげない家族。物件探すの結構好き、インスぺくション楽しい、しかも家の好みが似ている。だから即決!新しい家はグリーンのタウンハウス。

オーナーに追い出されてよかったねーっていえるくらい素敵な家が見つかりました。

会社、学校から近くて、天気の良い日は車をやめて、歩いて通学します。私も一緒に。オーストラリアは小学生は一人で歩いてはいけないため、娘2人と私で、他愛もない話をしながら歩きます。平和ーーー!もう車あまり乗らないようにしよう!これも新しい発見!6年間の車での通園通学におさらばしよう!

 

そしていつもの朝、お弁当を作り朝ごはんを皆で食べているとき、旦那の携帯に一通のメールが届きました。「重要な話があるので、至急連絡下さい」とのこと。上司からでした。えーなんだろう。なんだろうね。まあ会社に行ったら連絡しようかなと、言いながら出勤していきました。子供達に、早く歯磨きして着替えて、早く行くよー!といつものセリフを言いながら、玄関へいくと、旦那が帰ってきた。。。。何?何?何???「異動になった。」「え?何処?何?なんなの?日本?」「うん、日本。。。」

 

あまりの衝撃に涙がこぼれそうになったけど、まずは子供を送らくちゃと必死にこらえて、歩いて学校まで行きました。旦那もいっしょに。今でも忘れない、なんとも気持ちの良い朝の気温と風と、道端に咲いているかわいい花たちをみながらの通学。まだこの通学路を歩きたい。。。

 

子供を送ったあと、こらえていた涙がポロポロポロポロとめどなく出てきました。

何で今?最低でも3年?みたいな雰囲気でしたよね?まだ2年なんですけど?

一週間前に、あと1年半は異動なしって面接で言いましたよね?

しかもこのまままた違う海外で、当分日本には帰る事はないって。。

2ヶ月前に、引っ越したばかりなんですけど?

子供も英語が大好きになって、お友達も沢山できて、これから!って時に!?

せっかく英語話せるようになったのに、忘れたらどうしよう?

ピアノ申し込んだのに!

バスケクラブとサッカークラブ入るって仲良しの子と決めたばかりなのに!

私だって自分で仕事始めようと、イロイロ考えていたのに!(詳しくは後ほど)

子供達が英語忘れたらどうしよう?←これが一番の思いかも。

 

とりあえず落ち着こうとカフェにはいりました。

納得行くまで説明してほしいと思いました。

ただ、旦那もなにも詳細はわからないと。とにかく緊急帰国。内内示。

誰にもいえない。だけど1つだけ救いがありました。

仕事にとっては良い方向に行くってこと。それを聞い瞬間、悲しい涙にうれしい涙がまじりました。うん、行くしかないんだな。と。 

 

ふとプロポーズを思い出しました。「俺の仕事は、いつ何処にいくかわからないけど、着いてきてほしい」だったな。私はそういう人を選んだんだった。やっぱり行くしかない。

 

いろいろ経験してきた年齢でもあるし、大抵の事には驚かないし、よくドシっとしていると言われますが、今回は刺激強すぎ!!

さて、どうやって頭をきりかえましょう?