読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kaori's-BayStoryの日記

Kaori's arvo ハーブを使ったゴマージュシャル 12000円 体質によりハーブを選び ます🌱 体質学に興味にある方は 時間に余裕を持ってお越し下さい。アフターカウンセリング致します🍃🍃 🍃

子供達の反応、単純!

エピソード1

 

頭上からBLOCK ICEが落ちてきたようなあの衝撃的な通告を受けてから

、親の頭の中も整理されていないまま、子供達に伝えなくては。日本に帰るよって。どう伝えようかな。ちゃんと話せるかな。

夜、外食をしながら、タイミングを見計らって伝えました。

「大事な話があるんだけど、よく聞いてね。」

「なあにー?なあにー?」×2

「日本に帰ることになったんだ」

一瞬上の子8才は、やったーホリデーで遊びに行くんだって表情をしたので

「遊びにいくんじゃないよ、日本に帰って日本の小学校にいくんだよ」

一瞬不安そうな、なんともいえない表情になったけど、

「うん、わかった」ってその一言。

この子、変わった。前なら嫌だ、何で、せっかく~にしようと思ったのに、あーあ。

って言っていたはず。だけど、この頼もしさにこちらがやられました。

私もしっかりしなくちゃ。

 

そして下の子5才。泣きました。それはしかたない。だって、次の学年の新しい先生も決まって、新しいお友達メンバーともオリエンテーションをしたばかりだったんだから。kindy(日本でいう年長さん、こちらでは小学校の仲間入り)に行きたい~~泣く泣く。こちらももらい泣きしそう。ぐっと我慢。

泣きながら引きずっていくのはタブー。どうしよう、どう説得しよう。

こう言ってみました。

「日本にいるおばあちゃんおじいちゃんが、日本は冬だからヒールのブーツを買ってくれるって言っているよ?」ヒールはお姉ちゃんだけ持っていて、妹はまだ小さいから危ないと我慢させていました。この際、ヒールでもなんでも買ってあげようと思い立った案。すると。。。「行く、行く行く、日本の幼稚園♪」

チャンチャン!

上の子は初めてのランドセル 何色にしようかな~ ルンルン♪

 

子供の柔軟性、単純性。

見習おう!!