読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kaori's-BayStoryの日記

Kaori's arvo ハーブを使ったゴマージュシャル 12000円 体質によりハーブを選び ます🌱 体質学に興味にある方は 時間に余裕を持ってお越し下さい。アフターカウンセリング致します🍃🍃 🍃

次女の喘息、多分あれは喘息ではなかった。

健康ばなし 子育て奮闘記

次女は日本で産まれ、3歳まで社宅生活をしていました。
産まれてすぐに、長女の幼稚園の送り迎えに付き合わせ、よく熱を出させてしまっていました。

なんとなく、弱い子だなと思いよく病院に通っていました。
色々薬を飲んだ経歴から、小児喘息かなと判断されました。実は私も小さい頃、喘息がありました。だから遺伝かも。と。

しかし私の喘息は、小学生になってからスイミングを習い、すぐなくなりました。大人になってから、ちょっと心理学に触れた時に、喘息の原因は甘えだったとわかりました。

私には兄がいて、兄が風邪をひくと、ちゃんと熱をだしちゃんと風邪をひくから、親がちゃんと面倒見るんです。
その時、私を見て欲しくて、喘息になったらしい。


で、次女には、いつも薬を与えていました。咳が出始めると、気管支を広げるテープを背中にピタリ。鼻水が出始めると美味しいシロップをチューチュー。これがまた効くので、なんと便利なんだと、当時は思っていました。

それからオーストラリアに赴任が決まって、何を心配したかと言うと、次女の薬。こんな薬絶対オーストラリアにないだろうし、そもそも小児科がないから、もう心配で心配で。

掛かり付けの小児科のおばあちゃん先生に、事情をはなし、大量に薬を処方してもらいました。その時にお世話になった、薬剤師さんにも英訳を書いてもらったり。


そんな感じで、いざオーストラリアへ。

なんと、次女、喘息が出ないんです。結局一度も薬を使わず2年過ごしました。今考えると、原因は「カビ」です。
社宅はとても暖かったのですが、冬になると加湿器をつけ、結露だらけ。壁には「カビ」。産まれてすぐ、あのカビに反応していたと思うと本当にかわいそうな事したと思います。


遺伝だからと思ったり、診断されるのは大きな間違いで、本当に体に聞くのが1番です。

オーストラリアには代替医療が普通にある事を知り、私達家族の生活はかなり変わりました。日本にもあるのに、病院の陰に隠れてしまっていたりと、残念な現実です。


少しでも、自分の自然治癒力を信じ、それをサポートしてくれる人達が増えたらいいなと思います。



さて、最近私がはまっているランチ♪
中で食べる事もできるしお持ち帰りもOK。小さな可愛いお店。

f:id:Kaori-BayStory:20160309192436j:plain

私がはまっている「鳥レバーのコンフィ」右下。
毎回、絶対に選びます♪美味しいのー!
f:id:Kaori-BayStory:20160309192337j:plain


お惣菜は好きな物を4つ選び、あとはライスかお粥かパンが付いてくる。店内ならば飲み物かおみそ汁が付いてくる。

お惣菜はどれもシンプルな名前「ひじきの白和え」「ロールキャベツ」「大根と豚肉のサラダ」とか。
だけど、素人には作れないひと工夫がされていて美味しい!