読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kaori's-BayStoryの日記

Kaori's arvo ハーブを使ったゴマージュシャル 12000円 体質によりハーブを選び ます🌱 体質学に興味にある方は 時間に余裕を持ってお越し下さい。アフターカウンセリング致します🍃🍃 🍃

体当たりの教育。親も泣きます。

子育て奮闘記

長女が最近変わってしまって、どうしたものかと思いながら生活していました。

ちゃんと食べなさい、早く食器を下げなさい、ジャンパーをかけなさい、ランドセル開けっ放し、靴下脱ぎっぱなし、気がつくと勝手にテレビ。

毎日毎日何度も言うので、私はほとほと疲れる。毎日毎日言われている側も、私の声は単なるエコーの聞いたスピーカーの様。胸に届いていない。

あれだけ優しかったお姉ちゃんだったのに、妹に冷たくなってしまった。叫びながらお姉ちゃん待ってー!と追いかけている妹を聞こえているのに、待ってあげない、ドンドンドン行ってしまう。泣きはじめても、一生懸命走っている姿を見ても無視。

その場その場で、本気で怒ったり、説明してきたのですが、すっかり1人で生きている様な態度。


オーストラリアでは私がいないと学校も行けなかったし、私がいないとお友達と遊べなかったし、私がいないと買い物もいけなかった。

のに‥‥‥


今は1人で学校に行けるし、1人で友達と約束して週末も遊びに行けるし、150円貰っておやつを買いに行く事もできる。
いつだって一緒だった、妹の存在も薄れてしまった。
パパママも、いなくても毎日楽しい。


そんな態度。そして、私が激怒する事態が発生。

サッカーをまた始めたのですが、オーストラリアでやっていたクラブとはかなりレベルも規律も違う。

サッカーの準備は自分でするように。時間厳守。遅れたら理由を言う。先生には走って行って挨拶。ダラダラしない。試合終わったら、見に来てくれた父兄に1人ずつ、ありがとうございましたと握手をしに来る。こちらも、自然と「頑張ったね」と言葉が出る。

昔やっていた部活を思い出し、私はメラメラした。先輩に挨拶。先輩が間違えていても、口答えせず、日陰で休むな、水は飲むな、根性で戦え。そんな教育を受けてきたので、モジモジしている長女に、イライラが募る。

スポーツ幼児園に通っていた長女は、体操、サッカー、バスケ、スキー、アイススケート、マラソン、クロスカントリー、水泳、跳び箱、鉄棒、体操と厳しい練習をこなして、それなりに、シャキッとしていたし、先生の一声で、生徒達は一瞬で集まる。そんな体育会系だった長女が、なーんかダメダメ。

オーストラリアでは、たった2年だけなのに、全く違う教育をされていたので、ついていけない。でもそれは長女のせいでもないし、少しずつ染まっていけばいいと思っていました。



自宅に戻り、サッカーを機ちゃんと生活を改めようと、箇条書きにして壁に貼りました。本人もサッカー上手くなりたいし、ちゃんとする、と。

言われなくても、片付けをする
手洗いうがい
ジャンパーをかける
食器を片付ける
自分の事ばかり考えない
周りの人の事も考える



それから、サッカーのスパイクが小さくなったから、これから頑張るから買って欲しいと。。。あとボールも重いから、軽いのが欲しい。ウィンドブレーカーにインナーもカバンも。合計22000円

沢山買って貰って、帰宅。
車の中でも確認。家に着いたら何をするの?
「手洗いうがい、明日のサッカーの準備、歯磨きして着替える」と自分で答えた。

私が30分ほど目を離していたら、明日の準備もしない、歯磨きもしていない、着替えてもいない、テレビを見ていた。


びっくりして、今までにないくらい私は激怒。
涙もこぼれおちるほどの怒りと悲しみ。
玄関まで連れて行き、出ていけとまで言った。


旦那は1週間、飛行機で飛び回っている。どこにいて、時差が何時でなんて、調べらる事すらも嫌になり、とにかく今、長女を公正させなくては。

体当たりの説教。

1人で生きているのか
4人で生活しているのに、自分の事しか考えていない
サッカーをするのに、どれだけの人に支えて貰っているのか
当たり前の事が妹はちゃんとできている
感謝の気持ちがない
思いやりがない


本当に伝えたい時は、私は涙も見せます。子供は親の涙が1番心に届く様に思います。本気に向き合っていると言う事。
子供も泣かせます。泣かないで、聞いている様だったらまだ、届いてないような気がするのです。
凄く厳しいです。声がかすれました。私。


やっと長女の愛が見えた様に思いました。フラフラ自由をいい事に、心もフラフラどっかに行っていました。自立するのは立派だし、いい事だけど、同時に大事な物を無くすのは、ダメです。



と言う事で、サッカー用品22000円は自分のお年玉を出しなさいと言いました。かなり考えていました。大事なお小遣い全部ですから。18000円。はい、残りの4000円はパパが出してくれたんだからね、と。うんと返事もしっかりした返事。擦り切れるまで使いなさいよ。。。うん。。。やっと価値がわかった様です。自分で大事に名前を書いていました。


時々道を外れそうになります。

そんな時はしっかり向き合います。

教育は難しい。

親のゴールは、まだまだ先です。




f:id:Kaori-BayStory:20160319231738j:plain