読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kaori's-BayStoryの日記

Kaori's arvo ハーブを使ったゴマージュシャル 12000円 体質によりハーブを選び ます🌱 体質学に興味にある方は 時間に余裕を持ってお越し下さい。アフターカウンセリング致します🍃🍃 🍃

じゃあ、なるはやで?フレンドリーな中田君。

主婦 私流人生論

先週、携帯の操作で分からない事があったのでApple Storeに行ってきました。

 

なんでもAppleやIphoneファンにとっては、銀座店は‘‘聖地”と言われているらしいです。(行ってから知ったのですが)

 

 

確かに以前行った事のある横浜やシドニーのApple Stroeにくらべたら、5階まであるみたいだし、とても広いです。

 

 

こんな。

f:id:Kaori-BayStory:20160623230210j:plain

 

 

中にはシアターのようになっている階があって、お年寄りの方などに、大きな画面で使い方の説明をしている風景を見ながら、エレベーターに乗りました。なーんか、時代は変わったなぁ。

 

 

店員さんは、色んな国の方が多くて、きっと純日本人であろう方もインターナショナルな雰囲気を醸し出していました。

 

 

なんだかカッコイイな〜。

 

 

 

 

私は、パスワードがわからなくなってしまった事と、日本で買い直したIphoneがオーストラリアのまま、移行していたので、アプリのダウンロードができないなど、不都合を直してもらいたかったのです。

 

 

結局私を担当してしてくれたのは、サッカーの中田似の日本とアメリカのハーフ。中田がドレッドした感じ。日本語も英語もペラペラ。

 

 

中田君(本名知りません)いわく、店員さんは殆どの人が英語日本語を喋れるとの事。中には7ヶ国語を操る人も。

 

 

あーでもない、こーでもない、と指示された通り進めていきながら彼が「じゃ、なるはやで」と言うんです。フレンドリーな彼はチャッチャと1つづつ解決してくれています。

 

が、

 

「ん??ナノはや?」と心の中で思った。とりあえずスルー。

 

 

それでも、また「あ、じゃあなるはやで終らせましょ」と。

 

 

ナノはやって、ちょーー早くって事かなぁ?

ナノくらいに。なんだそりゃ?

 

 

 

うん、やっぱり気になる!

 

 

「ちょ、ちょっと待って!さっきから、なに言ってるの?何はや?」

 

 

と聞いてみた。

 

 

「あ、なるべく早くを略してナルハヤ!」

 

 

えーーー‼︎なんじゃそりゃぁ!

 

 

「初めて聞いたー!」と言ったら

 

 

「え?ナルハヤ知らないの?よく言うよ」

と旦那。

 

 

ってか、なんで旦那がいるんだ!

 

 

突然、来たんですよ。健康診断が早く終わったからと。たまには1人で楽しめばいいのに。

 

 

ま、それからハッピーに問題が解決したら、たまには2人でランチに行こうと話していたら、ランチの場所もAppleで検索してくれたり、あそこが美味しいですよ、とか、2人で行くなら、ここは?とか、なんだかずっと前から友達のような感覚になる、スーーっと私達に入ってくる、不思議な中田くん。このまま3人でランチに行けてしまうくらいの空気間。

 

 

なんか、やっぱりインターナショナルな感覚っていいなぁと思いました。

 

 

人がどんな育ちで、どんな経歴があって、何をしていて、とかは関係ないんですよね。人間そのモノと会話して楽しむ、彼の姿を見て、やっぱりオーストラリア人のフレンドリーな感覚って最高だったなぁと、久しぶりに思い出しました。

 

 

なんだか長々と書いてしまいましたが、小さな事に悩んだり、気にしたりするのは、いらないなーと思いました。

 

 

どうしても、目の前の事に夢中になったり、ムキになったりしがちですが、視野を広く、生きていきたいなぁと思いました。

 

 

今日は雑談でした!