新潟話の続き。糖質がまた‥‥。

続きです。

5日間のホテル滞在、ブッフェ生活を満喫していました。

1.2日目は糖質は取らず、3.4日目はせっかくだから、魚沼産コシヒカリは少し頂き、デザートもホテルで売りのアスパラガスのシフォンケーキの一口サイズを頂いたりしました。

蕎麦打ち体験もしたし、ピザ作り体験もしたので、その場で少々味わい、楽しい時間を過ごしました。

それでも、身体は調子良く、プール、卓球、テニス、サイクリング、などハイテンションな子供と夫について行けていました。

お肉も、お魚も、お野菜も、毎食たっぷり食べているから、やっぱり元気だし、腸も絶好調だわ〜♪顔のお肌の調子も良いではないか。。。

スッピンで過ごしました。

普段の日常は毎食のメニューを考えて、買い物行って、作って。掃除も洗濯も、お風呂掃除も毎日して。。。

それらがない分、子供の顔が良く見える。こんなに表情豊かなんだ。こんなにひょうきん者だったんだ。こんなに可愛かったんだ‥‥‥。

知らなかった事に少し罪悪感と、頑張ってるつもりはなかったけど、頑張っていたんだ。と気がつきました。

そんな心境の中。。。

最後の夕食時。

最後だしなぁ。身体も調子良いから、食べちゃおー!調子に乗り、いつもより多く糖質を食べました😋

ちょっとだけお寿司♪

ちょっとだけお蕎麦♪

ちょっとだけイカスミパエリア♪

ちょっとだけヤスダヨーグルトのチーズムース♪

翌朝。
だ、だるい。体が重い。

無理。
イライラする。

夫に向けて。

ちょっとー‼︎

あー自分だけ温泉行くんだ。いくらジョギング行って汗かいててめ、行ってきてもいい?って聞かないかなー普通?

私も行きたいのに、パッキングしてるんですけど?部屋のシャワー浴びたらいーじゃん(性格悪っ!私)

と内心。

子供達には、声に出す。
「早く片付けなさい!」
「おい、これはここじゃない!ここ‼︎」
「違う!ここ!」
「で、これはどーするの‼︎」

↑これは糖質取り過ぎた時の特徴。
ひとつの事にやたらと執着し、神経質になる。

やっぱり、私は糖質に反応するんだ‥‥‥。
とにかく、大騒ぎしないように(笑)
時間が経つのを待ちました。

調子が戻ったのは、その日の夜でした。

あんな気分はやっぱり嫌。
私は糖質はなるべく摂らないようにしようと、改めて思いました。

とくに子供達も、ジュースや飴や精製された砂糖やお米は注意だと分かりました。

もしダルさやイライラがある方は、自分が2.3時間前に食べた物はなんだったか、思い出すと良いです。

自分達へのお土産(^^)

f:id:Kaori-BayStory:20160823223618j:plain

くるみ。新鮮で美味しいかった♪

f:id:Kaori-BayStory:20160823223648j:plain

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です