手をかけるのではなく、目をかける。

先日幼稚園の懇談会がありました。

新学期が始まり、園長先生のお話がありました。

なるほど。と思った事がありました。

園長先生にはもう既に大きなお子さんがいらっしゃるそうですが、そのお子さんが小さい頃も働いていたそうです。

とにかく忙しく、子供をお迎えに行き、夕方自宅に帰ってから夕食の準備をバタバタとしていたそうです。次の日の朝も早い。

だから手をかけてあげる事は出来なかったけど、目をかける事はきちんとしていました。とのお話し。

年長さんにもなると、色々自分で出来る事も増えてくるから、ついつい「ほったらかし」にしてしまう私。

あ、そうか。手をかける事はしなくても、目をかけてあげる事はできるかも。もちろん長女にも。ちゃんと見てるよ、とわかる言葉をかけるだけで全然違う。

なるほどーと思ったが‼︎

待って‥‥  現実は‥‥↓

「爪切りどこだっけ?」「ハンカチとティッシュちょうだい」「歯磨き粉もうないんだけど」「ハサミは?」「コピーのインク切れたけどある?」「ママ、お茶」

???

気がついたら、いつも私が、ハイハイ ハイハイと取りに行って、渡して‥‥。

あれ?

手をかけるとか、目をかける以前の問題⁉︎

もーー、家の中にいると、本当に忙しい‼︎

 

 

 と言う事で、全て分かり易く、届くところに設置‼︎

爪切りここね。

ストック関係ここね。

ハンカチ、ティッシュはここね。

ハサミは使ったら必ず戻す‼︎

紙はここ。

お茶。自分で勝手に飲めるだろ‼︎

 

 

それから学校のスケジュール管理が大の苦手な私。長女、次女の大事なお手紙はファイリングして、棚の箱に入れていたけど、頻繁に使うからいちいち出すのが面倒!

 

 

すぐ確認出来るように、引き出しを開けるだけにしました。

f:id:Kaori-BayStory:20160908215545j:plain

地域の一時的なチラシ

長女用のスケジュール関係

次女のスケジュール関係

捨てては勿体無い裏紙のメモ代わりのA4の紙

に、分けて見ました。

無駄な家での行動がかなり、時間削減!

さ、目をかけて育児が出来るかな💦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です